中国高速鉄道、両会期間中に故障相次ぐ―米華字メディア

Record China    2018年3月5日(月) 20時20分

拡大

5日、米華字メディア・多維新聞は、重要な政治イベントが始まった中国で高速鉄道の故障が相次いだと報じた。写真は中国の高速鉄道。

2018年3月5日、米華字メディア・多維新聞は、重要な政治イベントが始まった中国で高速鉄道の故障が相次いだと報じた。

中国では3日に全国政治協商会議(政協)が始まり、5日は全国人民代表大会(全人代)が開幕した。この2つを合わせて「両会」と称されるが、4日は遼寧省大連から北京に向かう列車が途中の山海関付近で突然停車し、5日は広東省で設備トラブルによる遅れや運行取り止めが発生した。記事は1、2月にもトラブルが起きていることを指摘し、李克強(リー・カーチアン)首相が全人代で発表した「政府活動報告」で、「高速鉄道の営業距離は9000キロから2万5000キロに増えた」と述べたことを伝えた。

中国紙・新京報も4日のトラブルについて報じており、ネット上には「車内で停電が起き、送風システムも機能していない。何の情報もなく、何が何だか分からない」「暑くてムシムシする。一部トイレが使えない」などのコメントが寄せられたという。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携