韓国の仁川空港第2ターミナル、開業からわずか1週間でごみだらけに=韓国ネット「自慢の空港なのに」「これが韓国人の民度」

配信日時:2018年1月25日(木) 6時20分
韓国の仁川空港第2ターミナル、開業からわずか1週間でごみだらけに
画像ID  950840
24日、韓国メディアは、韓国で18日に開業した仁川国際空港第2ターミナルのバス駐車場が、開業からわずか1週間でごみだらけになっていると報じた。資料写真。
2018年1月24日、韓国・YTNは、韓国で18日に開業した仁川国際空港第2ターミナルのバス駐車場が、開業からわずか1週間でごみだらけになっていると報じた。

報道によると、1日に数百台の空港リムジンバスが行き来する仁川国際空港第2ターミナルのバス駐車場では、ずらりと並ぶバスの横に大量のごみが積まれている。道路の端にもびっしりと廃品が置かれている。

バスの運転手らが乗客の残した車内ごみをそのまま駐車場の街灯の下などに捨て、それが風で飛ばされてあちこちに転がっているのだという。その原因について、バスの清掃員は「ごみを捨てる場所がない」と指摘している。バス駐車場は第2ターミナルが正式に開業する前の今月15日から運営されているが、いまだにごみ箱が設置されていない。さらに、空港側はごみの回収もしないため、バス駐車場が巨大なごみ箱と化してしまったのだ。

また、バス運転手らが利用する休憩室の衛生状態を指摘する声も上がっている。特にトイレが不足しており、駐車場で用を足す人もいるという。

これについて、仁川空港公社は「開業日に合わせて清掃員を導入したが、溜まったごみが多過ぎて片付けられなかった」と説明した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「空港は国の顔なのに。本当に恥ずかしい」「仁川空港の社長は責任を取って辞任すべき」「五輪に合わせようと慌ててオープンさせたから」「こうなることは予想できたはず。なぜ対策を取らない?」など空港に対する批判の声が多く寄せられている。

また、バスの運転手らに対し「ごみ箱がないからといって好き勝手に捨てていいわけではない。本当に恥ずかしい」「これが韓国人の民度」「韓国人らしいね」「韓国自慢の空港に泥を塗る行為」「言い訳しないで。捨てた人たちに片付けさせるべき」「今後は韓国でポイ捨てをする中国人観光客を批判できない」など厳しい指摘の声も多く見られた。(翻訳・編集/堂本

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事