中国で日本メーカーの偽化粧品を大量押収=「どこでなら本物が手に入るの?」「これは偽物じゃなく…」―中国ネット

配信日時:2018年1月20日(土) 10時0分
中国で日本メーカーの偽化粧品を大量押収
画像ID  948711
19日、中国メディアの都市快報は、深セン市羅湖区で日本メーカーの化粧品の偽物が大量に押収されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は羅湖。
2018年1月19日、中国メディアの都市快報は、深セン市羅湖区で日本メーカーの化粧品の偽物が大量に押収されたと伝えた。

深セン市市場・質量監管委羅湖局は、面積約150平方メートルの倉庫から900箱近い偽の化粧品を発見、押収した。そのうち、日本メーカーの偽化粧品が多くを占めており、コーセー、花王、資生堂、ライオン、無印良品などの有名メーカーの名前もあった。

押収された商品の多くが、中国のネット上で人気の高いもので、ピッタマスク、コーセーのクレンジングオイルやハンドクリーム、無印良品の化粧用コットン、豆乳イソフラボン化粧水、花王のホットアイマスクなどが含まれていた。こうした商品はほとんどがネットを介して販売されていたという。

近年、ネットショッピングの利用率が格段に上昇している中国。ネットユーザーからは「タオバオ(EC大手)で買うものはみんなこの種の偽物なんだろうな」「なんて恐ろしい。スキンケアをしたら顔をダメにしちゃう…」などのコメントが寄せられた。また、「いったいどこでなら本物が手に入るのよ」というユーザーもおり、本物を手に入れるのに苦労している様子がうかがえる。

一方で、「たぶんだけど、偽物じゃなくて本物なんじゃないかな。ただ密輸品だから証明できなくて偽物にされたのではないかと」「(当局が)恐れているのは偽物ではなく、税関を通らず税金を納めない製品」という意見も一部で見られた。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/03/26 22:04)

    中国は、でか過ぎるから中国政府だけでは監視しきれないのだろう。 中国政府の絶大の力を終結して。 スタンプの押されているものしか販売できないと定めて、事前にこのスタンプの偽造や偽造ものと知りながら販売したら中国政府が確実に死刑(どんな罪でもいいがかなり思い罪)にすると罪を重く設定したら怖くて嘘がつけなくなるのではないか。 日本の商品を中国で売れるのは中国政府に税金が入るからだから。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/01/20 12:02)

    日本で中国系以外の店で買えば皆本物だよ^^
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<