Record China

ヘッドライン:

TPPは第一歩、将来的にはアジア太平洋自由貿易区を目指す―シンガポール首相

配信日時:2011年11月14日(月) 7時26分
拡大
1/4枚
2011年11月13日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「日本のTPP加入交渉=アジア太平洋地域のビジネス環境はより開放的なものとなる―リー・シェンロン首相」を掲載した。

その他の写真

野田佳彦首相は環太平洋連携協定(TPP)参加への意志を表明した。米国、オーストラリア、ニュージーランドなどの3カ国は歓迎する声明を出している。シンガポールのリー・シェンロン首相も日本の参加表明を歓迎。さらにTPPはアジア太平洋自由貿易区設立に向けての第一歩だと、早くもポストTPPをにらんだ展望を示している。

同首相は、欧州連合(EU)のような体制ではないが、アジア太平洋地域の大自由貿易区を目指すべきだと主張した。(翻訳・編集/KT)

関連記事

やはりアメリカの傘が必要?シンガポールの対中姿勢に変化―英紙

1日、英紙フィナンシャル・タイムズに掲載された「変化するシンガポールの対中姿勢」という論説。人民行動党が独立以来政権を維持し、食や買い物を楽しみ、リー・クアンユーを敬い続けてきた変わらないシンガポールも、台頭する中国に対する危機感から変化するのか?

Record china
2011年10月9日 7時42分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング