Record China

ヘッドライン:

航空自衛隊の対中国機スクランブル、昨年の3.5倍に―中国メディア

配信日時:2011年10月15日(土) 7時20分
拡大
13日、今年4〜9月に航空自衛隊が中国機に対して緊急発進(スクランブル)した回数は前年同期の3.5倍に上ったと中国メディアが報じた。写真は緊急発進の訓練をする済南軍区空軍の兵士ら。
(1/4枚)

2011年10月13日、中国共産党機関紙・人民日報(電子版)は日本・防衛省統合幕僚監部の統計として、今年4〜9月に航空自衛隊が中国機に対して緊急発進(スクランブル)した回数は前年同期の3.5倍に上ったと報じた。

その他の写真

統計によると、領空侵犯の恐れがある外国機に対する航空自衛隊機のスクランブルは計203回。そのうち83回が対中国機で、前年同期の3.5倍に上った。昨年同期の対中国機のスクランブルは24回だった。

記事は、中国機が日本の領空を侵犯したことはないと強調。9月8日、中国軍の情報収集機が尖閣諸島から北100〜150キロにまで接近したが、中国機の飛行空域は変化しなかったとした。

また、対ロシア機のスクランブルは106回で、前年同期より43回減少した。ロシアの爆撃機2機も9月8日、長崎県から日本を一周する形で飛行、北海道の空域で空中給油も受けた。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<中国人が見た日本>「東京での48時間」、国民の秩序は最高、政府や自衛隊はお粗末

18日、地震の取材のため13日に来日した香港フェニックステレビの女性記者、秦楓氏が「東京での48時間」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。写真は16日早朝、山東省青島市政府が市民向けに流した「放射能漏れの影響はない」としたショートメール。

Record China
2011年3月18日 19時58分
続きを読む

菅首相が中国を牽制「多様な事態に対処を」―自衛隊観閲式、米軍も初飛行

24日、自衛隊観閲式が開催され、隊員3800人、戦車など車両240両、航空機60機が参加。菅首相は尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件などを踏まえ、多様な事態に実効的に対処し得る態勢を常に取るよう、訓示した。写真は観閲式での菅首相、隊員、戦車、戦闘機など。

Record China
2010年10月25日 20時15分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング