Record China

ヘッドライン:

話題の抗日映画「セデック・バレ」プレミア上映会、馬英九総統も絶賛―台北市

配信日時:2011年9月5日(月) 13時33分
拡大
1/8枚
2011年9月4日、台北で映画「セデック・バレ(賽徳克・巴莱)」のプレミア上映会が行われ、監督や出演者がレッドカーペットに登場。馬英九(ば・えいきゅう)総統も会場に姿を見せた。NOWnewsが伝えた。

その他の写真

台湾映画「セデック・バレ」は、1930年に台湾で発生した原住民族による抗日事件・霧社事件を描いた話題作。4日、台北市で行われたプレミア上映会では、ウェイ・ダーション(魏徳聖)監督やビビアン・スー、ランディ・ウェン(温嵐)ら出演者が勢ぞろい。さらにプロデューサーとして参加したジョン・ウー(呉宇森)監督のほか、馬英九総統も出席した。

台湾では前編「セデック・バレ:太陽旗」が今月9日に公開されるが、前売券だけで4日までに4200万台湾ドル(約1億1000万円)を稼ぎ出すヒット。08年には「海角七号/君想う、国境の南」で、台湾映画史上最高の興行成績5億3000万台湾ドル(約14億円)を叩き出したウェイ監督だけに、その記録塗り替えが期待されている。

映画を鑑賞した馬総統は、「感動に震えた。台湾原住民への理解をいま一歩進めてくれる作品だった」と涙で目をうるませて大絶賛。開催中のベネチア国際映画祭にも出品されているが、ウェイ監督は「初めて大きな映画祭に参加し、収穫が非常に多かった。だから受賞できるかどうかは気にしていない」と話した。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

日本公開間近!台湾映画No1ヒット「海角七号/君想う、国境の南」、無名の新人監督はどんな人?

あのホウ・シャオシェン監督も絶賛したという映画「海角七号/君想う、国境の南」。日本でも12月の公開が決まったこの作品は、それまで無名だった新人監督が、わずかな製作費で作り上げた台湾映画史上最大のヒット作である。写真はウェイ・ダーション監督。

Record China
2009年11月14日 11時7分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング