Record China

ヘッドライン:

中国版新幹線が突然減速、原因は乗客の隠れタバコ―中国

配信日時:2011年7月5日(火) 18時1分
拡大
4日、全席禁煙となっている北京−上海間の高速鉄道・京滬高速鉄道で、乗客がトイレで吸ったタバコが原因で警報が鳴り、約1分に渡り列車が減速した。写真は京滬高速鉄道のトイレ。
(1/4枚)

2011年7月4日、全席禁煙となっている北京−上海間の高速鉄道で、乗客がトイレで吸ったタバコが原因で警報が鳴り、約1分に渡り列車が減速した。5日付で新京報が伝えた。

その他の写真

6月30日に開通したばかりの北京と上海を結ぶ「京滬高速鉄道」。中国で最も美しい先頭車両を持つと言われるCRH380型車両は完全密閉となっており、全席禁煙だ。乗客が隠れてタバコを吸おうものなら、警報機が作動し、場合によっては設備の故障を招くという。

喫煙騒ぎがあったのは4日午後4時45分(日本時間同5時45分)ごろ。上海虹橋駅から北京南駅に向かっていた列車が山東省の徳州を通過した辺りで突然、警報が鳴り響き、時速310kmから280kmに減速。約1分にわたり、その状態が続いた。

係員が駆け付けたところ、9号車と10号車の間のトイレから40歳くらいの男性が出てきた。男性はすぐに取り押さえられ、厳重注意と罰金50元(約625円)が科せられた。なお、北京−上海間の高速鉄道では2日にも乗客がトイレでタバコを吸い、故障警報が鳴るという騒ぎが起きている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

中国の高速鉄道はひどい赤字経営、乗車率の確保が頭痛のタネ=東海道新幹線との違いは?―中国メディア

26日、北京と上海を結ぶ「京滬高速鉄道」が間もなく開通する。だが、中国の高速鉄道の乗車率は低く、ひどい赤字であることは誰もが知っている事実。世界で唯一の黒字を誇る高速鉄道、東海道新幹線とは何が違うのか?写真は12日、試験運転を行った京滬高速鉄道。

Record China
2011年6月28日 6時34分
続きを読む

非常口座席の乗客がこっそりレバーを…、離陸直後の飛行機が緊急着陸―浙江省杭州市

26日、中国浙江省杭州市の蕭山国際空港を離陸した飛行機が機内減圧により同空港に引き返し、緊急着陸する騒ぎがあった。原因は非常口座席に座った乗客が離陸前に非常口の扉の開閉装置を動かし、すき間が開いてしまっていたことだった。写真は蕭山国際空港。

Record China
2010年6月29日 11時45分
続きを読む

ランキング