「ネット検閲の父」が靴を投げられる、ネットユーザーは喝采―中国

配信日時:2011年5月21日(土) 11時33分
「ネット検閲の父」が靴を投げられる、ネットユーザーは喝采―中国
画像ID  284090
19日、北京郵電大学の方浜興学長が武漢大学で講演中、男子学生に卵と靴を投げつけられる騒ぎが起きた。写真は方校長。
2011年5月19日、北京郵電大学の方浜興(ファン・ビンシン)学長が武漢大学で講演中、男子学生に卵と靴を投げつけられる騒ぎが起きた。20日付で米華字ニュースサイト・多維ニュースが伝えた。

その他の写真

中国では政権に不都合なインターネット上の情報にアクセスできないようにネット検閲技術が普及している。「グレート・ファイアウォール」(GFW)と呼ばれるこのシステムを整備したのが方学長だ。

ツイッターやフェイスブックなど海外サービスが使えないなど、不利益を被っている中国ネットユーザーからは憎しみの的となっていた。講演会を好機と見たある中国人ツイッターユーザーが“犯行”を予告。19日、靴と卵を投げつけ、靴だけが命中した。

「グレート・ファイアウォールの父襲撃される」のニュースは、ツイッターや中国マイクロブログで話題となり、多くの人々が喝采を送っていた。ネット検閲への関心の高さが改めて証明される事件となった。中国メディアでは雲南情報報(電子版)が報じたが、まもなく検閲により削除された。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事