Record China

ヘッドライン:

中国人が寿司を食べ始めた、国際相場の高騰は必至か―韓国紙

配信日時:2011年3月29日(火) 10時15分
拡大
12日、韓国紙は「中国人が寿司を食べ始めた、韓国水産物の価格も高騰」と題した記事を掲載した。写真は上海の有名日本料理店。
(1/4枚)

2011年3月12日、韓国紙・朝鮮日報は「中国人が寿司を食べ始めた、韓国水産物の価格も高騰」と題した記事を掲載した。以下はその内容。

その他の写真

韓国海洋水産開発院のMa Chang-mo博士は、先日の北京出張で証券会社勤務の20代男性の話を聞いて驚いた。「彼女とデートの時、日本料理レストランで寿司を食べるのがステータスなんです。寿司が食べられるほどの経済力があるということですから」。Ma博士は、中国人は生の魚を食べないものと思っていたが、最近はわざわざ高い料金を払って刺身を食べる中国人が増えていることを知った。

北京、広州、青島、大連など沿海都市には日本料理レストランや大型の海鮮料理店が多い。ロッテマートやジャスコなど大型スーパーにもマグロやサーモン、タラバガニなどが並ぶ。Ma博士によると、中国人がこれら海産物を頻繁に食べるようになったのはここ1〜2年のこと。このままでは中国は世界の水産物を吸い取る“ブラックホール”になる日も近いという。そうなれば、国際的な水産物の相場を引き上げることになると同博士は警鐘を鳴らしている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<レコチャ広場>これで良いのか?中国人が開いた「日本食レストラン」がブーム―スペイン

26日、中国のブログサイトに「中国人と和食、得をしたのはどっち?」と題した記事が掲載された。作者はスペイン・バルセロナの大学院で金融を学ぶ女子学生。現地日本食レストランのほとんどは中国人が開いたものだという。写真は日本食。

Record China
2010年1月27日 13時42分
続きを読む

ランキング