Record China

ヘッドライン:

5年間の戦闘機取引、輸入は世界6位、輸出は5位―中国

配信日時:2010年11月12日(金) 10時23分
拡大
1/4枚
2010年11月10日、ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が発表した「2005〜2009年国際戦闘機取引レポート」によると、中国は5年間に戦闘機を45機輸入し、41機輸出していることが分かった。輸入機数は世界6位、輸出機数は5位だった。海外メディアの報道をもとに環球時報が伝えた。

その他の写真

レポートによると、戦闘機を輸入している国は50以上あり、05−09年の期間では輸入機数の多い順に、インド(115機)、アラブ首長国連邦(108機)、イスラエル(82機)、ギリシャ(51機)、ポーランド(48機)、中国(45機)、韓国(40機)だった。

一方、戦闘機を輸出しているのは米国やロシアを中心とした11カ国で、輸出機数の多い順に、米国(341機)、ロシア(219機)、フランス(76機)、ウクライナ(68機)、中国(41機)だった。(翻訳・編集/HA)

関連記事

ファーンバラ国際航空ショー、中国の新型戦闘機とミサイルが主役!?―シンガポール紙

23日、中国の戦闘機やミサイルが世界の軍事関係者から大きな注目を集めている。第2の軍事輸出国・ロシアとの間で緊張感も高まっているという。写真は中国がパキスタンと共同開発し、ロシア製エンジンを積む梟龍(FC−1)戦闘機とパキスタン軍人。

Record china
2010年7月26日 17時15分
続きを読む

米韓合同演習が開始=米原子力空母や独島級揚陸艦、最新鋭戦闘機が参加―中国紙

2010年7月25日、米韓両軍による合同軍事演習「不屈の意志」が日本海で始まった。米韓の主力艦艇、最新鋭戦闘機が参加、参加兵数は約8000人に上る。北朝鮮との軍事境界線に近い日本海で、対潜水艦演習などが実施される。写真は人民解放軍の軍事演習。

Record china
2010年7月26日 10時36分
続きを読む

中国製戦闘機がロシア製を駆逐、危機の原因はサポート体制の不備―露メディア

18日、中国製戦闘機が「中国国内市場だけでなく、国際市場においてロシア機を駆逐しようとしている」と、ロシア紙が伝えた。コストパフォーマンスの優秀な中国製の航空技術製品は、世界市場のメインストリームになりつつあるという。写真は中国製戦闘機・J-10。

Record china
2009年11月21日 2時29分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング