Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>高まる反日世論に後押しされ、中国政府はさらに強硬な態度に―SP華字紙

配信日時:2010年9月18日(土) 12時10分
拡大
16日、尖閣諸島防衛を唱える中国民間団体・中国民間保釣連合会は、18日に反日デモを主催するとの海外メディア報道を否定する声明を発表した。尖閣諸島問題をまとめた資料図。
(1/2枚)

2010年9月16日、尖閣諸島防衛を唱える中国民間団体・中国民間保釣連合会は、18日に反日デモを主催するとの海外メディア報道を否定する声明を発表した。17日、シンガポール華字紙・聯合早報が伝えた。

その他の写真

日本メディアはこのほど、中国民間保釣連合会がデモを計画していると報道。満州事変のきっかけとなった柳条湖事件が起きた9月18日が予定日で、すでに当局の認可も得たと報じた。中国民間保釣連合会は、「我々は18日のデモを計画しておらず、申請も行っていない。2005年の反日デモの主催者でもない」と反発している。

尖閣諸島付近での日本海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事故は中国で大きな波紋を呼び、反日世論は高まりを見せつつある。17日、中国民間保釣連合会ウェブサイトは一時閲覧ができない常態になり、また反日コメントが書き込まれたネット掲示板が削除されるなど、中国当局は世論の沈静化に動き始めたことは明らかだ。

しかし日本側の中国漁船船長勾留が続くなか、反日感情はさらに広がりを見せている。もし大規模な反日デモが実施されれば、中国政府が受ける圧力は高まり、ますます強硬な態度をとらざるを得なくなる。最終的には尖閣諸島問題の最終決着を求めることすら考えられるという。(翻訳・編集/KT)

関連記事

尖閣問題で高まる反日感情、「日本企業や日本人を守る」考えを明言―中国外交部

16日、尖閣諸島沖での衝突事件を受け、中国国内で反日感情が高まる中、中国外交部の姜瑜報道官は定例記者会見で、「中国の関係部門が引き続き日本人の安全を守ることを信じる」との考えを示した。写真は16日、北京・王府井に登場した特別警察隊。

Record China
2010年9月17日 10時28分
続きを読む

尖閣問題、中国の強硬姿勢を前に先延ばしにして様子を見るしかない日本―中国紙

15日、尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件に対する日本側の対応について、「実は、日本政府はどうして良いか困っている状態。今は先延ばしという選択肢しかないようだ」と中国紙が報じた。写真は中国の漁業監視船「漁政311」。

Record China
2010年9月16日 12時58分
続きを読む

釣魚島問題では中国は一歩も退かない=紛争激化は日中関係に深刻なダメージ―SP華字紙

14日、海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事故により、日本側に拘留されていた船長を除く乗組員14人が釈放されたことを受けて、中国側は強硬姿勢を見せており、日中関係に深刻なダメージを及ぼすことが懸念されている。写真は中国・福建省の漁船。

Record China
2010年9月15日 12時6分
続きを読む

ランキング