Record China

ヘッドライン:

和歌山のパンダ「良浜」が双子を出産=3月に自然交配―中国紙

配信日時:2010年8月12日(木) 17時23分
拡大
11日、和歌山県白浜町にあるテーマパーク「アドベンチャーワールド」で飼育されているパンダの良浜が双子を出産した。写真は5月、四川省都江堰市で建設が始まったパンダを野生に返すための訓練施設「パンダ野放センター」。
(1/2枚)

2010年8月11日、四川省成都パンダ繁殖研究基地によると、和歌山県白浜町にあるテーマパーク「アドベンチャーワールド」で飼育されているパンダの良浜(ラウヒン、9歳)が双子を出産した。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

記事によると、父親は永明(エイメイ、17歳)で、2頭は今年3月に自然交配したことが確認されていた。双子は同日午前6時40分、まずオス(158グラム)が生まれ、続いて同8時3分にメス(123グラム)が生まれた。母子ともに元気だという。良浜は日本生まれで、08年9月にも永明との間に双子をもうけている。

アドベンチャーワールドと同基地は94年からパンダの自然繁殖に関する研究を共同で進め、成果を上げてきた。今回生まれた双子を含め、アドベンチャーワールドではこれまでに12頭が誕生(うち1頭はすぐに死亡)。うち4頭が同基地に戻されている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

和歌山のパンダ「幸浜」、15日に成都へ―日本

11日、和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で2005年に誕生し、飼育されていたパンダの「幸浜(こうひん)」が近く、両親の故郷である四川省成都に帰国する。写真は04年6月、和歌山の「アドベンチャーワールド」から四川省に戻った「雄浜」。

Record China
2010年3月12日 11時13分
続きを読む

ランキング