パイプライン爆発事故で海域50平方キロメートルに汚染―遼寧省大連市

配信日時:2010年7月18日(日) 10時36分
パイプライン爆発事故で海域50平方キロメートルに汚染―遼寧省大連市
画像ID  254660
16日、遼寧省大連市の大連新港付近のパイプラインが爆発、炎上した。漏れ出した原油で50平方キロメートルの海域が汚染されており、17日から原油回収作業が始まった。写真は17日、事故現場。
2010年7月16日、遼寧省大連市の大連新港付近のパイプラインが爆発、炎上した。漏れ出した原油で50平方キロメートルの海域が汚染されており、17日から原油回収作業が始まった。新華網が伝えた。

その他の写真

爆発により現地では空気が汚染されたほか、流れ込んだ原油で海は黒ずんでいた。新華網記者は船で現場を訪れたが、見える範囲全ての海は汚染されていたという。17日、遼寧海事局は100人近くを動員、約7000メートルのオイルフェンスを付設した。20隻近くの原油回収船が出動し、除去作業に当たっている。

現在、中国交通部の指揮により、河北省、山東省、天津市などからオイルフェンス2000メートルや大量の油吸着マット、油分解剤が大連に運ばれている。また、事故後、大連海事局船舶交通管理センターは汚染海域を航行中の船舶約300隻の誘導にあたり、安全な場所へ誘導した。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事