<調査>「中産家庭の幸福度」、大都市ほど低いという結果に―中国

配信日時:2010年3月19日(金) 13時42分
<調査>「中産家庭の幸福度」、大都市ほど低いという結果に―中国
画像ID  240726
17日、中国で「中産家庭」を対象とした幸福度調査が行われ、経済が最も発展している北京や上海、深セン市民の幸福度はかなり低いことが分かった。写真は上海の公園。
2010年3月17日、中国で「中産家庭」を対象とした幸福度調査が行われ、経済が最も発展している北京や上海、深セン市民の幸福度はかなり低いことが分かった。広州日報が伝えた。

その他の写真

調査対象は北京市、上海市、重慶市、深セン市、江蘇省、四川省、福建省、浙江省に住む20〜40歳。「中産家庭」の定義は年収5万元(約67万円)以上。約7万人が回答した。その結果、最も幸福度が高かったのは年収11万〜20万元(約146万〜265万円)で、年齢は30〜35歳。江蘇、四川、福建、重慶の幸福度指数は高く、半数近くが現在の生活に「満足している」と答えた。反対に経済が最も発展している深セン、北京、上海、浙江の幸福度指数は低かった。家族と過ごす時間が少ないことが「幸福度」を下げている要因のようだ。

特に、深センは精神疾患の発症率が非常に高く、4人に1人は何らかの精神疾患にかかっている。ストレスを抱えている人が多く、その多くはインターネットを「最良のストレス発散法」と回答。深センではアフターファイブにお酒を飲みに行く人が多いが、他の都市と比べ、「ストレス解消のため」だとする人が多い。自殺率は毎年2000人前後に上るという。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事