Record China

ヘッドライン:

日本のイルカ漁描いたアカデミー賞受賞作「ザ・コーヴ」、特別上映される―中国

配信日時:2010年3月15日(月) 11時22分
拡大
3月13〜14日、日本のイルカ漁をテーマにした第82回米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作品「ザ・コーヴ」が、中国の上海市と北京市で上映された。写真は北京市の水族館・北京海洋館のイルカ。
(1/4枚)

2010年3月13〜14日、日本のイルカ漁をテーマにした第82回米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作品「ザ・コーヴ」が、中国の上海市と北京市で上映された。東方早報の報道。

その他の写真

「ザ・コーヴ」は、イルカの訓練士であり保護家でもあるリック・オバリー氏をナビゲーターとし、和歌山県太地町を舞台に、イルカ漁の実態を記録した作品。捕獲されたイルカが世界の水族館に売却されるビジネスの実態や、時に食用とされること、クジラ肉と偽って販売される事実などを描いている。

雑誌・外灘画報が上海市で主催した「2010年度中国生態英雄授賞式・エコロジーリーダーサミット」に同作を引っ提げて出席した同作共同プロデューサーのチャールズ・ハンブルトン氏は、今回の受賞について「ほんとうに喜ばしいのはオスカー獲得そのものではない。受賞によって、世界がイルカ漁問題に関心を向けることが重要だ。アカデミー賞授賞式は日本においても高い視聴率を誇る番組。日本政府がこれまで隠匿してきたこの問題を、日本の国民は授賞式を視聴することによって知ることとなったのだ」とコメントした。さらに、「中国は海洋生物保護に積極的。今回の上映によって、中国側も国際捕鯨委員会(IWC)に同じ悲劇を繰り返さないよう働きかけてもらいたい」と訴えた。

同作は今夏、日本でも公開される。これについてハンブルトン氏は「われわれは誰と敵対するつもりもなく、日本政府を糾弾するつもりでもない。ただ、ひとつの事実を伝えたいだけだ」とし、日本でも作品が受け入れられることを信じていると自信を見せた。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

日本イルカ漁告発の米アカデミー賞作品に注目集まる=「涙がとまらない」と共感の声―中国

7日、米アカデミー賞が発表された。和歌山県太地町のイルカ漁を批判するドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」が長編ドキュメンタリー賞を受賞。中国でも注目を集めている。写真は負傷した野生のイルカを治療する福建省アモイ市の五縁湾イルカ保護施設。

Record China
2010年3月11日 10時20分
続きを読む

<レコチャのアンケート>クジラ・犬・カンガルーは食文化?捕鯨に賛成ですか?

先月6日、米・反捕鯨団体シー・シェパードの船舶が、日本の監視船と衝突し、大破した。今回は反捕鯨諸国の報道機関までもがシー・シェパードの行きすぎた抗議手段に疑問を呈している。レコードチャイナ編集部ではこれについてアンケートを実施した。資料写真。

Record China
2010年2月4日 14時49分
続きを読む

<捕鯨>日本人はなぜクジラに固執するのか?継続で世界の悪役に―中国人作家

3日、中国の作家・李長声氏が「日本人はなぜクジラに固執するのか?」とする文章を発表した。日本側の主張に理解を示しつつも、捕鯨に固執することで世界の悪役になってしまったと指摘している。写真は浙江省温州市の港に陸揚げされたクジラ。

Record China
2009年4月6日 6時5分
続きを読む

「壮絶な海上戦」、日本の捕鯨船が最新鋭のシー・シェパード船を真っ二つに!―中国紙

7日、中国紙は「壮絶な海上戦、日本の捕鯨船が最新鋭の米抗議船を真っ二つに」と題した記事で、米反捕鯨団体「シー・シェパード」の小型高速船が南極海で日本の調査捕鯨船の監視船「第2昭南丸」と衝突した事件を伝えた。写真はシロクジラ。

Record China
2010年1月7日 17時15分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング