Record China

ヘッドライン:

<トヨタリコール問題>中国人は差別されている?!米国と違うリコールの対応―中国メディア

配信日時:2010年3月4日(木) 11時14分
拡大
2日、長江日報は、トヨタ車のリコール対応が米国と中国で異なるとして、国内で批判されていると報じた。写真は豊田章男社長の中国での謝罪を伝える新聞。
(1/2枚)

2010年3月2日、長江日報は、トヨタ車のリコール対応が米国と中国で異なるとして、国内で批判されていると報じた。

その他の写真

トヨタ自動車は中国でスポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」をリコールした。しかしその対応について、湖北省武漢市在住のある同車種オーナーが疑問を呈している。米国ではリコールに際して、サービス店まで車を持ち込んだオーナーに対し来店に要した交通費を支払い、さらに代車を提供しているが、中国では一切そうしたサービスがないという。「この問題は修理すれば終わりと言うものじゃない。部品交換が無料だといっても、私の時間を奪い、ガソリン代も使った。こうした費用はトヨタが負担するべきだ」と怒りを見せている。

また、昨年10月にカローラを購入したある女性オーナーは、米国ではリコール対象となったのに中国ではリコールされないことに不安を抱いている。サービス店に文句を言ったが取り合ってもらえなかったとして、「今では運転する際にスピードを出さないように気をつけています」と話している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

トヨタのリコール問題、日本の自動車産業全体に「壊滅的な打撃」―中国

1日、トヨタ自動車の大規模リコール問題について、中国自動車流通協会の羅磊・副秘書長は「日本の自動車産業全体に壊滅的な打撃を与えた」と厳しい見方を示した。写真は先月28日、国産「RAV4」のリコールを開始した江蘇省南通市にあるトヨタのサービスセンター。

Record China
2010年3月2日 5時29分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング