Record China

ヘッドライン:

「宇宙ゴミ」、多く捨てているのは露、米、中=昨年は20%増―スペイン紙

配信日時:2010年2月1日(月) 17時56分
拡大
1月31日、米航空宇宙局(NASA)は宇宙空間を漂う人工衛星の残骸などの「宇宙ゴミ」が昨年は20%増加したと報告した。写真は昨年9月、湖南省綏寧県で行われたインドネシアの通信衛星「パラパD」の残骸の回収作業。
(1/4枚)

2010年1月31日、スペイン紙エル・ムンドによると、米航空宇宙局(NASA)は宇宙空間を漂う人工衛星の残骸などの「宇宙ゴミ」が昨年は20%増加したと報告した。国際在線が伝えた。

その他の写真

宇宙開発の発展に伴い、年々増え続けている「宇宙ゴミ」。報告によると、地球の軌道上を周回する「宇宙ゴミ」は昨年1万5090個に上った。ロケット発射後の残骸や放棄された人工衛星が最も多い。その破壊力は凄まじく、万が一、活動中の人工衛星や有人宇宙船、国際宇宙ステーションなどに衝突すれば大変な被害につながる。報告は「今後の宇宙探索活動にとって、大きな脅威になる」と指摘した。

「宇宙ゴミ」を最も多く放出しているのは、ロシアを始めとする旧ソ連諸国から構成される独立国家共同体(CIS)で5653個。これに米国の4812個、中国の3144個が続く。このほか、フランス、日本、インドも100個以上に上るという。NASAはこうした「宇宙ゴミ」を宇宙監視ネットワーク(SSN)で追跡、監視しているが、現在の技術ではすべての宇宙ゴミの脅威に対応するのは難しいという。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<宇宙飛行士>口が臭いオヤジはダメ!12年ぶり選抜試験の「厳しい」条件とは?―中国

4日、中国で12年ぶりに宇宙飛行士の選抜試験が行われている。試験をパスするには「口臭がないこと」が大前提だという。写真は3月、北京大学で行われた「世界に影響を与えた中国人」の表彰式。有人宇宙船「神舟7号」の乗組員3人も受賞した。

Record China
2009年8月5日 15時9分
続きを読む

ランキング