Record China

ヘッドライン:

2050年には氷河の半数が消失=地球温暖化の影響は深刻―中国

配信日時:2009年12月18日(金) 8時58分
拡大
14日、広州日報は記事「相次ぐ異常な高温:2050年には中国の氷河は半数が消失」を掲載した。温暖化が続く中、中国の氷河は縮小しつつあり、2050年には半数が消失すると見られている。写真は祁連山の氷河。
(1/4枚)

2009年12月14日、広州日報は記事「相次ぐ異常な高温:2050年には中国の氷河は半数が消失」を掲載した。

その他の写真

このたび国連・気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は第4次報告書を発表した。1906年から2005年までに地球の平均地表温度は0.74度上昇。うち過去50年間での温度上昇は0.65度に達した。20世紀後半は過去1300年間で最も暑い50年になったという。

中国気象局気候変動センターの羅勇(ルゥオ・ヨン)主任は、気候変動により雪害、干ばつ、洪水、台風、暴雨、高温などの災害が急増することが考えられると話した。また中国西北部の氷河のうち80%が縮小しつつあり、生態系に大きな影響を与えているという。2050年までには中国の氷河は半数が消失するとの見方を示した。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング