Record China

ヘッドライン:

中国人を侮蔑した?米映画「2012」に「十分に中国を持ち上げた内容」と擁護論―SP紙

配信日時:2009年11月19日(木) 11時27分
拡大
16日、ハリウッド映画「2012」が中国人を侮辱しているのではないかとする説に反論する記事が、シンガポールの華字紙に掲載された。写真は「2012」が上映された山東省青島市内の映画館。
(1/2枚)

2009年11月16日、ハリウッド映画「2012」が中国人を侮辱しているのではないかとする説に反論する記事が、シンガポールの華字紙・聯合早報(電子版)に掲載された。17日付で中国新聞網が伝えた。

その他の写真

同作は2012年に地球が滅亡するというマヤ文明の予言を題材にした、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。記事によれば、劇中に登場する「ノアの方舟」は中国人労働者によって建造されたにも関わらず、彼らにはその舟に乗って避難する資格が与えられなかったことで、「中国人を侮辱している」とする声が噴出している。だが、記事は「いつの時代も貧乏人と金持ちは平等ではない」とし、中国人だから舟に乗れなかったわけではないと反論した。

記事は逆に、完成した「ノアの方舟」を見た人々が「中国人にしかできない大業だ」と感嘆した場面を取り上げ、同作は中国当局や中国人観客の好みを十分考慮した内容となっており、中国公開にあたっては「無修正」という特典まで与えられたと説明。中国経済の台頭に伴い、ハリウッドも最近は中国での興行収入をかなり重視している、今後も中国が喜びそうな映画が多数制作されることになるはずだ、と指摘した。(翻訳・編集/NN)

関連記事

「中国系を侮辱する行為」の禁止法を制定―インドネシア

23日、インドネシア民族建設基金会(NABIL)の汪友山主席は香港華僑華人総会が主催した座談会で、「インドネシアにおける中国系住民に対する暴動は2度と起こらない」と述べた。写真は中国の伝統行事「端午節」を祝うインドネシアの中国系。

Record China
2009年6月24日 17時59分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング