Record China

ヘッドライン:

<続報>悪いのは下請け会社?!パクリ疑惑のアニメ制作会社が弁明―中国

配信日時:2009年9月5日(土) 10時17分
拡大
2009年9月3日、日本のアニメ映画をパクったとして問題になっているテレビアニメ「心霊の窓」を制作した柳州藍海科技有限公司は、一部カットが剽窃であることを認めた。写真は両作品の比較検証画像。
(1/8枚)

2009年9月3日、日本のアニメ映画をパクったとして問題になっているテレビアニメ「心霊の窓」を制作した柳州藍海科技有限公司は、一部カットが剽窃であることを認めた。4日、法制晩報が伝えた。

その他の写真

「心霊の窓」は8月より中国中央電視台(CCTV)で放映が始まった全52話のアニメ。すでに前半26話の制作が終了している。ところがネット掲示板で同作のキャラクターや構図、背景が日本の人気アニメ映画「秒速5センチメートル」とうり二つだと指摘され、話題となった。

柳州藍海科技有限公司の担当者・龍(ロン)氏は、ミスがあったことを認め、盗作問題に関する徹底的な調査を約束した。龍氏は具体的な制作は下請け企業に委託しており、最終チェックで問題を発見できなかったと述べ、下請け企業が問題行為を犯したとの見方を示唆した。(翻訳・編集/KT)

関連記事

「パクリ」撲滅できない国産アニメ、コピー元の標的は日本製!=主因は製作コスト削減―中国

3日、たびたびの“パクリ疑惑”で世間を騒がせる中国のアニメ界。このほども国営テレビ局が放映する“教育”アニメが、日本のアニメ作品に酷似していると指摘された。こうした現象の主因は「製作コスト削減」にあるという。写真はパクリが指摘された作品の比較画像。

Record China
2009年9月4日 11時37分
続きを読む

「クレヨンしんちゃん」のパクリでは?07年放映の“純国産”アニメに疑惑続々―中国

2009年7月7日、中国のネット掲示板で、日本の人気アニメ「クレヨンしんちゃん」と中国国産アニメ「大口のドゥドゥ」を比較検証している書き込みが掲載された。設定やいくつかの場面が酷似していることからパクリ疑惑を指摘している。写真は「大口のドゥドゥ」。

Record China
2009年7月8日 14時49分
続きを読む

ランキング