大理〜三つの仏塔

配信日時:2006年5月8日(月) 0時16分
大理〜三つの仏塔
画像ID  25536
大理古城の西北に位置する3基の仏塔は唐時代、崇聖寺という大きな仏教寺院内にあったが、仏塔以外の建築物は、度重なる戦禍や地震ですべて崩壊した。仏塔は土造りの基盤の上に直接建てられており、地震によって倒壊しなかったのは奇跡的といえるだろう。
主塔は南詔国の時代、唐時代(836年)の創建で、高さは69.13m。16層のレンガ製仏塔で、またの名を「千尋塔」という。塔基前に「永鎮山川」の文字が大書されており、各層には仏像がはめこまれている。
主塔の傍らに建つ2基の小塔は、高さ42.19m、十層八角のレンガ製仏塔で、大理国の時代(937〜1253年)に建立された。仏塔の層数は奇数が原則だが、大理の三塔は偶数になっている。
1979年、三塔の大修復を行った際、塔頂と塔基の中から唐宋時代の文物6000種以上が発見された。 崇聖寺三塔の南側にある三塔倒影公園に行けば池に映る三塔の景色が見られる。


その他の写真
最新ニュースはこちら

SNS話題記事