中国がベネズエラの高速鉄道建設プロジェクトに協力=車両工場も建設へ―中国紙

Record China    2009年8月3日(月) 9時53分

拡大

2009年7月30日、中国はベネズエラと高速鉄道建設プロジェクトの契約にサインした。両国は合資会社を設立、75億ドルを投じてベネズエラの農業生産地と石油生産地を結ぶ鉄道を建設する。写真は中国、武漢−宜昌線の建設現場。

(1 / 4 枚)

2009年7月30日、中国はベネズエラと高速鉄道建設プロジェクトの契約にサインした。両国は合資会社を設立、75億ドル(約7160億円)を投じてベネズエラの農業生産地と石油生産地を結ぶ鉄道を建設する。31日、環球時報が伝えた。

その他の写真

31日付ノーボスチ・ロシア通信社電によると、建設が合意されたのはTinaco-Anaco線、工期は40か月が予定されている。路線長468kmを時速220kmで走る。年間輸送客数は600万人、貨物量は1000万トンが予定されている。

同プロジェクトは石油関連をのぞけば、ベネズエラ史上最大の建設プロジェクトとなる。南アメリカ初の車両製造工場開設が予定され、7500人の雇用を生むと推定されている。またベネズエラのエンジニア100人が中国にわたり技術を学ぶことになるという。(翻訳・編集/KT)

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携