Record China

ヘッドライン:

ピータンの食べ過ぎで鉛中毒に=「無鉛」ピータンも危険?!―中国

配信日時:2009年7月26日(日) 20時56分
拡大
1/3枚
2009年7月24日、網易は記事「深刻なピータンの鉛汚染:伝統的製法は消滅へ」を掲載した。好きな人にはたまらない珍味・ピータンだが、製造過程で鉛が含まれてしまうため食べ過ぎは禁物だという。特に子どもは要注意だと警告している。

その他の写真

最近、中国で販売されているのが「無鉛ピータン」。一部消費者はこの商品を見て初めて「ピータンには鉛が含まれていたのか!」と気づいたという。ピータンはゆでたアヒルの卵を石灰などで包み熟成させて作る食品。その時に黄丹粉と呼ばれる一酸化鉛も使われるため鉛に汚染されるという。「卵製品衛生基準」はピータンの鉛含有量を1キログラムあたり2ミリグラム以下にするよう定めているが、2000〜06年の調査によると、10%以上の製品が基準値を超過している。

そこで伝統的製法とは異なる無鉛ピータンが登場した。しかし黄丹粉とは別の鉛化合物を使っている場合や従来通りの製法で作ったものを無鉛ピータンと称して売っているケースもあるなど問題は深刻だという。(翻訳・編集/KT)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング