Record China

ヘッドライン:

<北朝鮮サイバー攻撃>「拠点は中国丹東市のホテル」の韓国報道を全面否定―中国

配信日時:2009年7月15日(水) 12時41分
拡大
14日、韓国メディアが12日に報道した「北朝鮮のサイバー攻撃拠点は中国丹東市のホテル」に中国側が反論。報道に完全に該当するホテルは存在せず、まったくのデタラメだと主張している。写真はネットを巡回する中国のバーチャル警察。
(1/4枚)

2009年7月14日、上海紙・東方早報は12日付の韓国紙・中央日報が「北朝鮮のサイバー攻撃の拠点は中国丹東市のホテル」と報じたことについて、「調査の結果、事実無根と判明した」との反論記事を掲載した。

その他の写真

中央日報によると、「黒龍江省や山東省・福建省・北京市近隣地区にも北朝鮮の対韓国サイバー攻撃の拠点があるが、遼寧省丹東市のそれは中国最大のもの」であり、「中朝国境近くにある4階建ての『星海ホテル』と、丹東市国境経済協力区にある4つ星ホテル『中聯酒店』正面に建設中のオフィスビルが拠点」だという。また遼寧省瀋陽市にある中朝合弁の4つ星ホテル「妙香山」もサイバー攻撃の拠点だと伝えた。

丹東市の星海ホテルの支配人はこの報道について「最初は笑ったが、後から腹が立ってきた。まったくの事実無根」とコメント。同ホテルは半官半民で経営されており、報道に該当するような設備や行為は存在しないと説明している。ちなみに同ホテルは4階建てではなく5階建てだった。さらに攻撃拠点と指摘された瀋陽市のホテルについても、「これまでのところ具体情報は何も得られていない」という。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

ランキング