Record China

ヘッドライン:

スイスの閑静な街、北朝鮮情報を求め回る日本人記者で騒然―中国紙

配信日時:2009年6月27日(土) 14時15分
拡大
2009年6月26日、国際先駆導報は記事「スイスが北朝鮮問題の新たな注目点に:押し寄せる日本の“おっかけ”記者」を掲載した。写真はテレビ朝日が報じた金正雲氏の写真。よく似た韓国人男性のものと発覚した。
(1/4枚)

2009年6月26日、国際先駆導報は記事「スイスが北朝鮮問題の新たな注目点に:押し寄せる日本の“おっかけ”記者」を掲載した。

その他の写真

スイス連邦の首都・ベルン。アーレ川の両岸に広がるこの街は温和な気候と閑静な雰囲気とで知られる。静かさを好む市民は大型空港の建設に反対したほどで、首都とはいえ小さな空港が一つあるに過ぎない。

しかし今、この街を日本から来た記者の一群が騒がしているという。それもスイスについて取材するためではない。北朝鮮の次期後継者として伝えられる金正雲氏がこの地に留学していたとの情報を知ったためだ。金正雲氏の同級生と伝えられた家にも記者は殺到、その母親は「何度も何度も呼び鈴がならされて参ってしまう」とこぼしている。

日本メディアにあおられるように欧州メディアも取材を開始、大量の北朝鮮関連ニュースが発信されるようになった。しかしなかには誤報や推測に基づくものも少なくない。その最たるものはテレビ朝日の誤報。今月10日、テレビ朝日は金正雲氏の写真を入手したと報じたが、じつはよく似た韓国人男性と発覚、謝罪した。またベルン国際学校に「朴哲」との偽名で在籍していた北朝鮮人が金正雲氏であるとも伝えられてきたが、日本の週刊誌関係者によると、実際は総書記の二男・金正哲氏だったという。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング