Record China

ヘッドライン:

北朝鮮ミサイル、ハワイでの迎撃準備を指示=ゲーツ国防長官が会見で―米国

配信日時:2009年6月19日(金) 20時23分
拡大
18日、ゲーツ米国防長官は記者会見で、北朝鮮が長距離弾道ミサイルをハワイ方向に発射することに懸念を示した上で、弾道ミサイル専用の地対空ミサイル(THAAD)をハワイに配備するよう指示したことを明らかにした。資料写真。
(1/2枚)

2009年6月18日、韓国聯合ニュースによると、ゲーツ米国防長官は記者会見で、北朝鮮が長距離弾道ミサイルをハワイ方向に発射することに懸念を示した上で、弾道ミサイル専用の地対空ミサイル(THAAD)をハワイに配備するよう指示したことを明らかにした。19日付で中国新聞網が伝えた。

その他の写真

ゲーツ長官はTHAADのほか、海上配備Xバンドレーダー(SBX)もハワイ付近に移動させる計画であると述べた。北朝鮮が4月に長距離弾道ミサイルを発射した際にはこのSBXは使われなかったことから、米側の慎重な姿勢がうかがえる。同長官はまた、アラスカ州に配備している迎撃システムについても「いつでも発射可能な状態である」と強調。今回の措置については「米国の領土を守るため」としている。

記事は、日本メディアの報道として、ミサイル発射時期は「7月初め」とし、北朝鮮西北部の東倉里(ドンチャンリ)からハワイ方向に最大射程6500kmのテポドン2号を発射する可能性が高いと伝えている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

ランキング