2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

抗日女性英雄の像に“わいせつ行為”、若者3人に非難殺到―中国

配信日時:2009年6月18日(木) 19時58分
抗日女性英雄の像に“わいせつ行為”、若者3人に非難殺到―中国
画像ID  208722
17日、中国のネット上に近ごろ、学生らが抗日女性英雄像の胸や下半身を手で押さえ、笑顔で撮った写真が流布し注目を集めていることがわかった。像は抗日組織のメンバーとして活動した趙一曼さん。写真は05年、TVドラマ「胡蝶雪」で女優・牛莉が演じた趙一曼。
2009年6月17日、中国のネット上の複数の掲示板で「抗日女性英雄にわいせつ行為をする学生たち」と題した書き込みが近ごろ注目を集めていることがわかった。話題になっているのは、1930年代に抗日組織のメンバーとして活動し亡くなった女性、趙一曼(ジャオ・イーマン)さんの真っ赤な像を取り囲んだ若い男性3人が、像の胸や下半身を手で押さえ、笑顔で撮った写真だ。華商報が伝えた。

その他の写真

ネットユーザーらはこの男性3人の素性を探ろうと「人肉搜索(=個人情報検索を指す)」を行い、「恥さらし!」「女性の、しかも英雄に対してわいせつ行為を働くとは頭がおかしい」と強く非難している。書き込みの中には「我々は教育のあり方を反省しなければならない。彼らはきっとこの女性のことを知らないのだ」と、歴史教育の強化を訴えるものもあった。

趙一曼さんは四川省出身で、1926年に中国共産党に入党。以降、中国東北部で抗日活動に身を投じ、旧日本軍に捕まって過酷な尋問を受けても情報を漏らさなかったとして、国内でたたえられてきた。

今回、話題になっている像は趙さんが尋問を受けている様子をかたどったものとみられ、手や首にくさりが巻かれている。男性のうちの1人がそのくさりの部分を引っ張っていることも、ネットユーザーの怒りに油を注いだ。この写真が出回った経緯などは伝えられていない。(翻訳・編集/東亜通信)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事