Record China

ヘッドライン:

「侵略戦争は日本の国益を損ねた」=防衛大学長が北京のフォーラムで―中国

配信日時:2009年6月2日(火) 15時47分
拡大
1/4枚
2009年6月1日、五百籏頭真(いおきべ・まこと)防衛大学長は北京で開催された「中国科学・人文フォーラム」で演説し、「日本が起こした侵略戦争は日本の国益を損ねた」とする見解を示した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

五百籏頭校長は中国科学・人文フォーラムの鄭必堅(ジョン・ビージエン)理事長の招きを受け、北京の中国科学院研究生院で行われた同フォーラムに参加した。同校長は演説で、「日本が起こした侵略戦争はアジア各国の人々の気持ちを深く傷つけた。日本の国益を損ねた結果、失敗に終わった」と発言。最後に「日本人として申し訳なく思う」と締めくくった。

また、今後の日中関係については「双方の大学生が偏見や歴史を乗り越え、日中友好の新たな力になってくれることを願う」とし、「米国を含めた3か国が協力して新たなアジア・太平洋関係を構築していければ」と述べた。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<映画「南京!南京!」>観客が興奮しスクリーン破壊、映画館側は「気持ち分かる」ととがめず―広州市

2009年5月7日、映画「南京!南京!」を見て、興奮した観客がスクリーンにミルクティーを投げつける事件が起きた。裁判所は観客に3000元の支払いを命じたが、なんと映画館はお金を受け取らなかったという。写真は映画「南京!南京!」。

Record china
2009年5月13日 11時23分
続きを読む

<レコチャ広場><映画「南京!南京!」>本当に歴史問題に向き合ったら、撮影は失敗したかも…―中国

個人ブログ「全人類の中国分析」は、話題の映画「南京!南京!」について、「日本人俳優が本当に中国人と一緒に歴史問題に向き合ったなら、この映画の撮影は失敗したかもしれない」としている。写真は06年9月、南京大虐殺記念館を訪問する大江健三郎氏。

Record china
2009年5月17日 23時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング