女性の肺がんが増加の一途、受動喫煙と調理時の油煙などが主因―中国

配信日時:2009年2月20日(金) 19時57分
女性の肺がんが増加の一途、受動喫煙と調理時の油煙などが主因―中国
画像ID  189981
19日、中国で肺がんになる女性が増えている。喫煙や受動喫煙、調理時の油煙などが女性の肺がん増加の主な原因になっているとの報告がある。
2009年2月19日、新聞晩報によると、男性が肺がんにかかる割合が沈静傾向にあるのに対し、女性の肺がんは増加を続けている。

その他の写真

18日に開催された、肺がん治療薬である新型抗がん剤「タルセバ」(Tarceva)の専門家による研究会では、喫煙や受動喫煙、調理時の油煙が女性の肺がん増加の主な原因になっていると報告された。現在、中国の女性が肺がんにかかる割合は、欧州各国と比べても明らかに高く、特に上海に住む女性の肺がん発病率は世界平均を大きく上回っており、上海都市部の女性が肺がんにかかる増加率は男性を上回っている。

ある専門医は、男性と比べて女性のほうが肺がんになるリスクが高く、同条件下で喫煙した場合、危険性は男性の3倍に上ると話し、今後も肺がんにかかる女性がさらに増える可能性があるという。(翻訳・編集/岡田)
関連記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事