“顔面崩壊”からイケメン復活のフー・ゴー、整形手術は10回以上―重慶市

配信日時:2009年1月24日(土) 12時37分
“顔面崩壊”からイケメン復活のフー・ゴー、整形手術は10回以上―重慶市
画像ID  184476
2009年1月22日、時代劇「射雕英雄伝」の放送開始を前にインタビューが行われ、主演俳優フー・ゴーが、かつて“顔面崩壊”と伝えられた自動車事故について語った。
2009年1月22日、大型時代劇「射雕英雄伝」の放送開始を前に重慶衛星テレビでインタビューが行われ、主演俳優フー・ゴー(胡歌)が、かつて“顔面崩壊”と伝えられた自動車事故について語った。重慶晨報が伝えた。

その他の写真

フー・ゴーは同作撮影中の2006年8月、自動車事故に遭遇。同乗の女性スタッフは即死し、自身も俳優としては致命傷となる“顔面破壊”の大ケガを負った。その後、フー・ゴーは整形手術を受けて俳優復帰、ドラマ撮影を再開し見事にカムバックを果たしている。

フー・ゴーによると、これまでに受けた顔面手術の回数は10回以上、費用は300万元(約3900万円)を下らないという。今も顔にはそれと分かる傷が残っているが、一番深刻なのはまぶたの損傷。ふだんは長い前髪で隠しているフー・ゴーだが、記者の要望にも気軽に応じ、自ら目の上をさらして「事故当時、右まぶたは全て無くなっていた。そこに皮膚を移植して新しいまぶたを作りだした」と語っている。

今作「射雕英雄伝」について、フー・ゴーは「現場復帰した当初、自分がカメラの中に収まる自信がまったく無かった」と当時のプレッシャーを告白。しかし、待ってくれていたファンやスタッフの心情を考えて頑張り抜いたという。見事にカムバックを果たしたフー・ゴーだが、最新作はジャッキー・チェンがプロデュースするドラマ「神話」が決まっている。ジャッキーからのラブコールを受けたフー・ゴーは、「何としても期待に応えたい」と意欲を見せている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事