せっかく買ったチケットが使えない?平昌五輪に外国人客から新たな不満=韓国ネット「最悪のおもてなし」「きっと客席はガラガラ」

配信日時:2018年1月17日(水) 22時0分
せっかく買ったチケットが…平昌五輪に外国人客から新たな不満
画像ID  638820
17日、韓国メディアによると、来月9日に開幕する平昌五輪に合わせて韓国を訪れる予定の外国人観光客から新たな不満が起こっている。写真は平昌五輪の会場。
2018年1月17日、韓国・JTBCによると、来月9日に開幕する平昌五輪に合わせて韓国を訪れる予定の外国人観光客から新たな不満が起こっている。

平昌五輪をめぐってはこれまでにも、外国人観光客らから会場付近の宿泊料金の暴騰や飲食店の価格上昇などの問題が指摘されてきた。

報道によると、平昌五輪の5競技を観戦するため来月韓国を訪れるという英国人男性は、同月16日にソウルからKTX(高速鉄道)で平昌に向かう予定だった。そのため、男性は今月初めに任意の座席を指定できる16万8000ウォン(約1万7000円)のフリーパスを購入していた。しかし、数日前に座席を予約しようとしたところ、エラーになったという。韓国の旧正月の連休にあたる2月15〜18日はフリーパスの対象外で、座席の指定が不可能だったためだ。男性は「衝撃的だった。もう飛行機のチケットとホテルは予約していて、払い戻しを受けることもできない」と話した。

旧正月の連休中のKTXの座席予約は、1月16〜17日の2日間に限って行われる。さらに、外国人の予約は韓国人対象の予約受付が終わった後の17日午後4時から始まるため、座席が残っていない可能性も高いという。座席がない場合は当日に駅で立席券を購入するか、他の交通手段を利用しなければならず、フリーパスは無駄になってしまう。あるノルウェー人男性も「せっかくの休暇がKORAIL(韓国鉄道公社、KTXを運営)のせいで台無しになったら本当につらい」と不安を訴えている。KORAILが運営するネット掲示板には100件を超える抗議文が寄せられているという。これを受け、KORAILは「別途で座席を用意し、追加で予約を受け付ける」と明らかにしたものの、座席数などの詳細は明らかにしていない。

これについて、韓国のネットユーザーからは「十分予想できたこと。なぜ何の対策も取らなかった?」「わざわざ正月休み中に五輪を開催する理由は?」と疑問の声や、「せっかく来てくれる外国人に対して最悪のおもてなし」「そんな目に遭った外国人は二度と韓国に来ようとは思わない」と批判的な声、「外国人限定でフリーパスの使用を認めるべき」と主張する声などが上がっている。

また、「競技場、宿泊施設、交通、食事すべてにおいて最悪の大会になる予感」「平昌五輪は国の恥をさらす大会になりそう」「今回の五輪は失敗に終わる可能性が非常に高い」「きっと客席はガラガラ。ああ恥ずかしい」などと心配する声も数多く寄せられている。

一方で、少数ではあるが「自国民優先は当然のこと」「これがコリアンルール!」など反論する声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事