Record China

ヘッドライン:

あぶない調味料、原料に亜硝酸塩や催涙弾薬、多量摂取で死の危険―重慶市

配信日時:2008年10月17日(金) 8時30分
拡大
16日、重慶市の食品加工材料店では亜硝酸塩などの有害物質を含んだ香辛料や調味料が毎日大量に販売されており、市民は知らず知らずのうちに恐ろしい食品を口にしている可能性があるという。写真は街で売られる羊肉串。
(1/7枚)

2008年10月16日、「重慶晩報」は市中に出回っている香辛料や調味料に多くの有害物質が含まれていると報じた。

その他の写真

市内の食品加工材料店で最も良く売れる「辣椒精」(ラージャオジン:唐辛子調味料)のなかで、広東省仙頭市の工場で生産されたものはパッケージ上に「皮膚に直接触れない。万一触れた場合はただちに水で洗い流すこと」という注意書きが添えられている。重慶食品研究所の周令国(ジョウ・リングオ)副所長は辣椒精の原料であるカプサイシン樹脂について、「催涙弾の中身に使われるOC(Oleoresin Capsicum)ガスの原料でもある」と説明。人間の消化器官は粘膜で保護されているため、食用しても大きな影響はないが大量摂取は絶対にしないよう訴えている。

また、多くの肉料理で使われる「豚肉精」や「羊肉精」といった調味料には人体に有害な亜硝酸塩が含まれている。この亜硝酸塩は肉の色を鮮やかにする発色剤として使用されるが、防腐剤の役割も果たすため食品添加物として少量の使用は国が許可している。だが食品1kgあたりの最大使用量は0.15gを超えてはならず、加工後の残留量も1kgあたり0.03g以下と厳しく制限されている。最近では重慶市合川の焼肉店が食塩と亜硝酸塩を間違って使用。一家6人が中毒で倒れ、うち3人が死亡するという事件が起こったばかり。周副所長は市民に対し、街中で売られているあまりにも色鮮やかな食肉に注意するよう警告している。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

「咳止め薬」中毒が拡大、多くが未成年―広東省深セン市

13日、広東省深セン市で長期間服用すると中毒になる恐れがあることから市販が禁じられている「咳止めシロップ」が違法に販売され、未成年の中毒患者が多発していることがわかった。写真は蘭州のクラブで流行している咳止めシロップを使った飲み物や薬物。

Record China
2008年10月16日 14時9分
続きを読む

ランキング