民族主義の台頭が原因か?中国からの移民青年、襲撃される―イタリア

配信日時:2008年10月4日(土) 7時35分
民族主義の台頭が原因か?中国からの移民青年、襲撃される―イタリア
画像ID  163616
2日、中国からイタリアへ移民してきた青年がローマ郊外でバスを待っていたところ、5〜6人のイタリア人に殴られ、ケガを負う事件が発生した。最近イタリアでは移民者に対する襲撃事件が頻発しており、民族主義が台頭しつつある可能性が高いという。写真はローマ。
2008年10月2日、中国からイタリアへ移民してきた青年がローマ郊外でバスを待っていたところ、5〜6人のイタリア人に侮辱的な差別用語を浴びせられた上に殴られ、ケガを負う事件が発生した。最近イタリアでは移民に対する襲撃事件が頻発しており、民族主義が台頭しつつある可能性が高いという。「新民晩報」が伝えた。

その他の写真

ケガを負ったのは今年25歳になる青年。帰宅するためバスを待っていたところ、5〜6人のイタリア人に襲われ、鼻と身体の一部にケガを負った。犯人らはまもなく逮捕され、当局は「他の移民者への襲撃にも関与していた」と発表した。

一方、イタリアメディアの報道によると、最近移民に対する襲撃事件が頻発しており、9月にはアフリカからの移民に対する殺人事件が連続して発生。移民による大規模なデモや抗議行動に発展した。

また、イタリアメディアが先ごろ行った調査によると、86%が「イタリアでは民族主義が台頭してきており、移民との間に緊迫した状態が発生している」と回答しているという。(翻訳・編集/HA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事