Record China

ヘッドライン:

21世紀最大の脅威はロシア、中国はバランサーに―米国

配信日時:2008年10月2日(木) 7時0分
拡大
28日、米国防総省は「21世紀の国家安全と核兵器」についてまとめたレポートで、核戦争が主流となる近い将来、米国の最大の脅威はロシアとなり、中国には均衡を保つ役割を期待したいとする見解を示した。写真は青海省の核兵器製造工場「原子城」。
(1/10枚)

2008年9月28日、米国防総省(ペンタゴン)は「21世紀の国家安全と核兵器」についてまとめたレポートで、核戦争が主流となる近い将来、米国の最大の脅威はロシアとなり、中国には均衡を保つ役割を期待したいとする見解を示した。環球網が伝えた。

その他の写真

レポートは、ペンタゴンとエネルギー省の専門家によって作成された。それによると、近い将来、世界のパワーバランスに変化が生じ、核戦争が主な戦争の形態になる。ロシアは世界で最も多く非戦略核兵器を保有しており、インド、パキスタンなどの新興国でも開発の動きは活発だ。米国はこの20年、積極的に「核兵器の削減」を進めてきたが「もはや限界に達している」と指摘された。

そのため、「米国はこの新しい情勢の中で、自らの安全を守っていかなければならない」と強調。中国は「核兵器を保有する5大国」の中で最も積極的に核開発を進めていることから、「中国の助けを借りて、世界のパワーバランスを変えて行きたい」と述べられた。(翻訳・編集/NN)

関連記事

ロシアの輸出武器、45%を中国が購入

22日、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が発表した08年版SIPRI年鑑によると、03年から07年までのロシアの武器輸出のうち45%が中国に渡っているという。写真は07年8月、ウルムチとロシアで行われた中国軍の軍事演習。

Record China
2008年8月23日 8時7分
続きを読む

ロシア、日本、タイ、パキスタン…、周辺諸国の政情不安に問われる中国外交―中国紙

2日、東方日報はロシア、日本、タイ、パキスタンと周辺国の政情が不安定になったことについて触れ、「これらの問題にどう対処するのかが問われている」との評論を発表した。写真は四川大地震慰問に中国大使館を訪れたパキスタンのムシャラフ前大統領。

Record China
2008年9月4日 15時24分
続きを読む

韓国と関係格上げ、中韓と同レベルに―ロシア

9月29日、韓国のイ・ミョンバク(李明博)大統領は訪問中のロシアで、今後の韓ロ関係について「戦略的協力パートナー関係」に格上げすることで合意したと述べた。写真は遼寧省瀋陽市。韓国風の土産物が並ぶ。

Record China
2008年10月1日 12時12分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング