2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

<エイズ>上半期に4000人が死亡、感染経路は「性交渉」が増加―中国

配信日時:2008年9月26日(金) 18時37分
<エイズ>上半期に4000人が死亡、感染経路は「性交渉」が増加―中国
画像ID  162024
25日、中国において今年上半期に新たに2万2299人がHIV感染者となり、そのうちエイズ発症者は6892人、4007人が死亡したと発表された。写真は北京のバー。エイズ知識普及のため、クリスマスにコンドームが無料配布された。
2008年9月25日、中国国家衛生部疾病予防管理局は、中国において今年上半期に新たに2万2299人がHIV感染者となり、そのうちエイズ発症者は6892人、4007人が死亡したと発表した。6月までの累計ではHIV感染者は25万2748人を数え、そのうち発症者が7万3071人、死者は3万0883人であった。中国新聞網の報道。

その他の写真

感染経路は今まで注射器による感染が多かったが、昨年10月より性交渉による感染数に増加傾向が見られたが、その中でも特に男性間の性交渉感染が増加している。2005年には男性間の性交渉感染は0.4%であったが、現在は3.3%と増加。異性間での性交渉も10.7%から37.9%へと急増している。性病のうち28.9%がHIV感染者を占める。

HIV総合観測資料によると、60%が性交渉時に必ず避妊具を使用する。70%の男性同性愛者はこの半年間に不特定多数と関係を持ったと答え、そのときコンドームを使用したのはわずかに30%であった。また、男性が風俗店を利用する時にコンドームを使用したのは50%だという。(翻訳・編集/小坂)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事