密輸ベンガルトカゲを慈善家が保護―海南省ダン州市

配信日時:2006年9月4日(月) 14時43分
密輸ベンガルトカゲを慈善家が保護―海南省ダン州市
画像ID  41370
中国では密輸された野生動物を保護するために買い取り、公的機関に預けるという保護方法を時々耳にする。
2006年9月2日、海南(かいなん)省ダン州市のある住民が、松潯(スンタオ)ダムの付近で野生動物保護を目的にトカゲを購入した。このトカゲは長さ1.1m、重さ4.9kgの大きなもので、この住民は1450元(約2万1750円)を支払い引き取った上で、後の処理は関係部門に任せることにした。

その他の写真

9月3日の午後、このトカゲは海南省小動物保護協会によって海口(ハイコウ)市に運ばれ、専門家に見せた結果ベンガルトカゲと判明。皮膚が黄色く気性の荒いベンガルトカゲは、更なる観察を行った後で自然に返すか、囲い飼いをするかを決めるという。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事