Record China

ヘッドライン:

女性が井戸に転落、そこには巨大ヘビが…!―河南省許昌市

配信日時:2008年9月12日(金) 23時0分
拡大
10日、ある認知症のお婆さんが、大雨で深さ20mの涸れ井戸に転落したうえ、2mもの巨大ヘビに襲われてしまった。レスキュー隊員がヘビと格闘しつつ、ようやく救出された。写真がその様子。
(1/4枚)

2008年9月10日、河南省許昌市のあるお婆さんが大雨により深さ20mの涸れ井戸に転落した。さらに不幸は続き、2mの巨大ヘビに襲われ、生死の境をさまよう事態となった。11日付で大河網が伝えた。

その他の写真

足を滑らし、井戸に転落したお婆さんは年齢79歳。老眼で目がよく見えないうえ、認知症に罹っている。10日朝7時頃、突然お婆さんの姿が見えなくなり、家族が周辺を探したが見つからなかった。すると近所の人が、老人が涸れ井戸に落ちるのを見たと伝えに来た。井戸の深さは20m、すっかり苔むしており、穴は所々崩れゆがんでいた。連日の雨で、枯れていた井戸に水が戻っていた。お婆さんを発見し、村人も手伝って救い出そうとしたが、危険なため119番通報した。

レスキュー隊員が駆けつけ、救出活動が始まった。井戸に落ちてすでに1時間が経過しており、井戸の中は酸素も少なく、体力のないお婆さんは限界に近い状態だった。隊員が数度目の救出を試みていると、突然黄色い毒ヘビがあらわれ、井戸の中に下りていた隊員を襲ったうえ、お婆さんの体に巻きついてしまった。防護手袋をはめた隊員がなんとかヘビを引き離すことに成功。救助は難航したが、その後、井戸に潜ること5度目にして、ようやくお婆さんを井戸の中から救い出すことに成功した。

お婆さんは病院で手当を受けており、井戸に落ちたことによる精神的ショックのほかは、かすり傷で済んだという。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

ランキング