Record China

ヘッドライン:

「アジアで最も高い木塔」が火災で焼失―中国

配信日時:2017年12月11日(月) 9時40分
拡大
1/2枚
2017年12月10日、中国メディアによると、中国四川省綿竹市九龍鎮にある九龍寺で火災があり、「アジアで最も高い木塔」と呼ばれる霊官楼が焼失した。消防などの消火活動により火はすでに消し止められた。これまでのところけが人は報告されていない。警察と消防などが火事の原因を調べている。

その他の写真

澎湃新聞によると、火事が起きたのは10日午後0時39分(日本時間同1時39分)ごろ。16層の塔の上層部分から激しく出火する様子を撮影した映像がインターネット上に拡散した。霊官楼は明代の崇禎年間に建造されたもので、2008年5月12日の四川大地震で破損したため、震災後に元の場所に再建された。

成都商報によると、出火元は本堂とみられ、隣接する塔に燃え広がったという。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「日本人患者の抜歯の時、麻酔を少なくした」=愚かな愛国主義にへきえきする中国人―中国紙

24日、新京報は記事「“日本人の抜歯は麻酔少なめで”と女性歯科医、医療モラル違反は愛国的行為ではない」を掲載した。こうした愚かな行動によって、愛国主義そのものに嫌気を感じる中国人が増えていると記事は指摘する。資料写真。

Record China
2017年2月26日 22時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング