Record China

ヘッドライン:

<四川大地震>行方不明のパンダ、がれきの下で死体を発見―四川省[シ文]川県

配信日時:2008年6月11日(水) 14時42分
拡大
6月10日、四川省[シ文]川県の臥龍パンダ保護研究センターで、行方不明になっていたパンダ・毛毛の葬儀が行われた。毛毛は9日、飼育小屋のがれきの下で死んでいるのが発見された。写真は5月16日、震災後の同センター。
(1/4枚)

2008年6月10日、四川省[シ文]川(ブンセン)県の臥龍パンダ保護研究センターで、地震で行方不明になっていたメスのパンダ・毛毛(マオマオ)の葬儀が行われた。毛毛は9日、同センターの飼育小屋のがれきの下で死んでいるのが発見された。成都商報が新華社の転電として伝えた。

その他の写真

同センターの李徳生(リー・ダーション)副主任によると、毛毛には3頭の子パンダがおり、今後はスタッフの手によって育てられるという。

パンダ飼育小屋は地震による土石流で深刻な被害を受け、63頭いたパンダのうち現在は48頭が現地で暮らしている。(翻訳・編集/汪葉月)

関連記事

<四川大地震>食糧危機のパンダ、「お粥」がエサに?―四川省

22日、四川大地震の臥龍パンダ保護研究センターで被災したパンダが、深刻な「食糧危機」に瀕していることがわかった。大好物の竹や笹の葉が不足しているため、「お粥」を食べる訓練が始められたという。写真は今年4月の臥龍パンダ保護研究センターのパンダ。

Record China
2008年5月23日 18時1分
続きを読む

ランキング