1日1本のバナナで心臓病と脳卒中の予防に

配信日時:2017年10月14日(土) 5時50分
画像ID 
米アラバマ大学の最新研究成果から、毎日1本のバナナ、または一かけらのバターを摂取することで、心臓病と脳卒中の発生を予防する効果があることが明らかになった。新華社が報じた。

動脈硬化が進むことで、心臓病や脳卒中を発症するリスクが高まることは、以前の研究から分かっていた。アラバマ大学の研究チームは、高脂肪食を摂取することで心臓病に罹患するリスクが高まるかどうかというマウス実験を行った。マウスを3つのグループに分け、それぞれにカリウム含有量が高い・中程度・低い餌を与えた。その結果、血管の弾力性は低カリウム食を食べたマウスが最も低く、高カリウム食を食べたマウスが最も優良で、動脈硬化の状態にも改善がみられた。

同研究の報告は、米科学雑誌「JCI Insight」上に掲載された。研究チームは、「カリウムは、血管の弾力性の維持を効果的に助けている」との結論に達した。つまり、カリウムを多く含む食べ物を適宜摂取することは、血管の弾力性を維持し、動脈硬化を予防することに効果的であるといえる。(編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<