Record China

ヘッドライン:

中国からのレアアースでもうけてきた日本、でもこの先はそうはいかない?―中国メディア

配信日時:2017年9月15日(金) 7時20分
拡大
14日、中国のポータルサイト・経理人分享に、中国のレアアースでもうけてきた日本もこの先はそうはいかないとする記事が掲載された。資料写真。

2017年9月14日、中国のポータルサイト・経理人分享に、中国のレアアースでもうけてきた日本もこの先はそうはいかないとする記事が掲載された。

記事は、中国のレアアース輸出量は世界の95%以上を占めており、安価で輸出してきたため利潤は低く、しかも環境汚染を招いてきたと指摘。一方の日本は、中国からレアアースを大量に輸入しており、その備蓄量は100〜300年分にも上ると指摘。しかもレアアースを加工してできた製品を輸出することで、10倍以上の利潤を得てきたとした。

しかし、ここ数年の中国による輸出制限で、資源が極度に不足している日本は海に目を向けるようになったという。少し前に、日本は排他的経済水域である南鳥島でレアアース泥を発見。その埋蔵量は中国の埋蔵量を上回っているとされている。

ところが、このレアアース泥は水深数千メートルの海底にあり、日本の掘削船は水深50〜100メートルのところでしか作業ができないと記事は指摘。海底資源の掘削には、高い水圧、資源が集中しておらず分散していること、高い採掘コストなどの問題があり、深海掘削船の建造には高い造船技術と完全な工業システムが求められるが、日本はこれらを備えていないのだという。

この点、記事によると中国は難題を克服して世界最初の深海掘削船の建造に成功したという。4.5万トンのこの船は、水深2500メートルの海底で作業を行うことができ、日本の海洋でのレアアース採掘に非常に適していると主張した。

これに対し、日本は早速この深海掘削船を購入する意向を示してきたと記事は紹介。日本は直ちにこの掘削船と核心技術を日本に売るべきだと考えているようだが、これまでレアアースでもぼろもうけしてきた日本へ、中国は簡単に売るようなことをするだろうか?と疑問を呈し、日本をこれ以上もうけさせることはしないとの考えを示した。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

中国・広西で大規模レアアース鉱床を発見、100年以上採掘可能―中国メディア

11日、中国広西チワン族自治区平南県の大洲鉱区で発見された大規模なレアアース(希土類)鉱床の調査が、中国地質学会による2016年の「十大地質探鉱成果賞」に選出された。写真はレアアース資源の優位性により照明産業が発展する江西省靖安県。

Record China
2017年3月13日 10時20分
続きを読む

中国のレアアース、依然世界を支配―中国メディア

8日、参考消息網は記事「巨大な潜在能力を秘めたアフリカのレアアース鉱業、しかし中国の主導的地位を揺るがすことは難しい」を掲載した。現在、世界のレアアース市場を支配しているのが中国だ。全世界の生産量の70%を中国が供給している。

Record China
2017年3月11日 8時20分
続きを読む

ランキング