飲み水の危機再び?!アオコ大発生で太湖が再び緑色に―江蘇省

配信日時:2008年4月16日(水) 17時8分
飲み水の危機再び?!アオコ大発生で太湖が再び緑色に―江蘇省
画像ID  122214
15日、江蘇省と浙江省にまたがる湖・太湖に大規模な藍藻(アオコ)の発生が認められたと伝えられた。昨年の飲料水危機の反省を踏まえ、江蘇省では第3級緊急体制を発動した。写真は昨年の太湖。
2008年4月15日、新華社は江蘇省と浙江省にまたがる湖・太湖に大規模な藍藻(アオコ)の発生が認められたと伝えた。昨年の飲料水危機の反省を踏まえ、江蘇省では第3級緊急体制を発動した。

その他の写真

昨年5月末、同省無錫市では水道水に異臭が発生、市内のミネラルウォーターの買い占め騒ぎにまで発展した。異臭の原因は水源である太湖にアオコが大発生したためで、長江の水を臨時に太湖に引き込むなどの対策を重ね、ようやく解決へと向かった。

今回アオコの発生が確認されたことで去年の災害の再発かとの声も上がっている。専門家は、昨年と比べれば発生時期は遅いと指摘しながらも、アオコの発生は水質汚染による構造的な原因が背景にあり、工業廃水の規制や汚水処理施設の建設などの対策を進めても、少なくとも今後数年間は大発生の危険がつきまとうと指摘している。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事