Record China

ヘッドライン:

「9年前の今日、一番早く駆けつけてくれたのは日本だった」=中国ネットに感謝の声

配信日時:2017年5月12日(金) 14時10分
拡大
2008年に中国で発生した四川大地震から9年となる今日、中国版ツイッター・微博で、あるブロガーのつぶやきが大きな注目を集めている。写真は日本の救助隊。
(1/2枚)

2008年に中国で発生した四川大地震から9年となる今日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、あるブロガーのつぶやきが大きな注目を集めている。

その他の写真

2008年5月12日午後2時28分、四川省アバ・チベット族チャン族自治州[シ文]川県でマグニチュード(M)8の地震が発生。この大地震では、6万9000人余りが犠牲となり、負傷者は37万人余りに上った。

各メディアで大地震の追悼報道がなされる中、北京在住の軍事ブロガー・警視聴Kitoさんは「日本の地震救助隊があの地震後、最も早く駆けつけてくれた国際救助隊だった!」とつぶやいた。ツイートには、「JAPAN」の文字が入った制服を着た隊員たちの写真が添付されており、救助活動にあたる様子や、整列して犠牲者に哀悼の意を表す様子が写っている。

このツイートは12日午後1時の時点で1万4000件を超える「いいね」が付き、4000件以上のコメントが寄せられている。

コメントの多くは「本当にありがとう」などと感謝を示すもので、「遺体が出てくるたびに、日本の救助隊員はまずお辞儀していた。すごく印象深かった」「日本からは救助隊だけじゃなく医師も駆けつけて負傷者の治療にあたってくれた。彼らにも同じように感謝を」といった声も寄せられた。

また、「私たちは感謝も歴史も忘れない」「日本には敵もいれば友人もいる」など、複雑な感情をのぞかせるコメントも散見される。このほか、歴史問題などを引き合いに「私は四川人だが、日本人には感謝しない!」というコメントもあるが、これに対しては「君と同胞であることがとても恥ずかしい」「民族主義的で狭い考え方をするコメントがあることに本当に驚いたし、残念」「私は四川人だが、来てくれた日本人に感謝する」などの批判や反論が寄せられ、他ユーザーから高い支持を得ている。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

東日本大震災を経験した日本人女子高生の韓国語スピーチに韓国ネット感激「これからもずっと韓国を好きでいて」「日本の将来に期待が持てた」

12日、東日本大震災を経験した宮城県の高校生が、韓国語スピーチ大会で、震災当時に韓国社会が送ってくれた励ましに感謝する気持ちを語った。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は震災後の福島。

Record China
2016年3月13日 22時40分
続きを読む

ランキング