「アンディ・ラウに29年を捧げた…」=新たな「最強ストーカー」か?中国人女性が話題―中国

配信日時:2017年5月9日(火) 12時10分
アンディ・ラウに新たな「最強ストーカー」か
画像ID  562420
8日、アンディ・ラウを脅かす「楊麗娟2世」として、34歳の中国人女性が注目されている。写真はアンディ・ラウと楊麗娟さん。
2017年5月8日、香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)を脅かす「楊麗娟(ヤン・リージュエン)2世」として、34歳の中国人女性が注目されている。網易が伝えた。

その他の写真

「美容整形で生まれ変わって人生を変えたい」とこのほど名乗りを上げたのが、中国湖北省に住む34歳の敖艶紅(アオ・イエンホン)さんという女性だ。彼女の話によると、5歳の時にアンディ・ラウに恋をしてから、一途に思い続けて生きてきたとのこと。過去にはアンディ・ラウに長女が誕生した時、「それでも諦めない」と宣言してネット上で話題になったこともある。

そんな敖艶紅さんだが、「最強ストーカー」とネットの話題人物になったことが影響し、長期間にわたって仕事に恵まれず、生活が困窮を極めているという。そこでアンディ・ラウとの「決別」を決意し、「美容整形で生まれ変わって結婚したい」との思いから、無料で施術してくれるクリニックを探すため、このほどネット上で呼び掛けをスタートした。

アンディ・ラウの熱狂的ファンと言えば、そのストーカー人生が日本でも話題になった中国人女性の楊麗娟さんが有名だ。追っかけ費用を作るため両親が自宅を売却し、さらに父親は腎臓を売って費用を捻出。それだけにとどまらず、07年に父親がアンディ・ラウへの恨みをつづった遺書を残して自殺したことで、大きな騒動となった。

今回の敖艶紅さんの行動を見たネットユーザーからは、「楊麗娟2世が登場!」「アンディのファンはこんなのばっかり?」「アンディがふびんでならない」などといった声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事