Record China

ヘッドライン:

<中華経済>石油精製工場を中国に建設へ―ベネズエラ

配信日時:2008年2月25日(月) 16時29分
拡大
第一財経日報が25日までに伝えたところによると、ベネズエラのチャベス大統領はこのほど、中国に石油精製工場3カ所を共同建設することで両国政府が合意したことを明らかにした。写真は海南省の石油精製工場。
(1/3枚)

2008年2月25日、第一財経日報が25日までに伝えたところによると、ベネズエラのチャベス大統領はこのほど、中国に石油精製工場3カ所を共同建設することで両国政府が合意したことを明らかにした。

その他の写真

一部の報道によると、ベネズエラは中国の石油大手、中国石油天然気集団(CNPC)と自国のオリノコ重質油帯を開発し、原油の一部を中国で精製し販売する計画。大統領の発言はこれを指すものとみられる。CNPCはこれについてコメントを避けている。

大統領によると、両国は原油輸送面でも協力。3月をめどに原油輸送専門の新会社を共同で設立し、08年末までに中国向け原油の44%を運ばせる。アナリストによると、ベネズエラの中国への原油輸送は地理的要因による輸送コストの高さが課題となっており、両国合弁の輸送会社の設立でコスト削減が期待できるという。

ベネズエラの現在の中国向け原油輸出量は1日当たり24万2000バレル。同国政府は、2012年に100万バレルにまで引き上げる目標で、08年は35万バレルを輸出する。(翻訳・編集/HI)

関連記事

ランキング