<調査結果>中国セレブは海外ブランド志向、ドイツ車がお気に入り―中国

配信日時:2008年2月22日(金) 21時1分
<調査結果>中国セレブは海外ブランド志向、ドイツ車がお気に入り―中国
画像ID  109214
19日、マスターカードが調査した「中国の富裕層が好きなブランド」の報告書が発表され、中国セレブの海外ブランド志向が浮き彫りになった。資料写真。
2008年2月19日、マスターカードが調査した「中国の富裕層が好きなブランド」の報告書が発表され、中国セレブの海外ブランド志向が浮き彫りになった。北京青年報(電子版)が伝えた。

その他の写真

調査は07年下半期、北京、上海、広州の3都市における市中心部及び大型ショッピングセンターで、ランダムな聞き取り形式で実施された。調査対象は年収1万6000ドル(約170万円)以上の富裕層。各都市で約600人からの有効回答を得た。

主な調査結果は、「最も好きな自動車ブランド」でドイツ製のBMW、フォルクスワーゲン、メルセデスベンツがトップ3を独占。「家電以外の電化製品」ではソニーが「カメラ部門」で首位、「ノートパソコン」では2位を獲得した。「携帯電話」はフィンランドのノキアが首位を占めた。

ファッションブランドでは「シャネル」が15.3%で首位。「ジョルジオ・アルマーニ」が15.1%で僅差の2位だった。スポーツブランドは「ナイキ」のウェアが78%、シューズが51.5%で首位。「アディダス」がウェア68.8%、シューズ37%で2位だった。

海外ブランド優勢のなか、「最も利用したい航空会社」では「中国国際航空(Air China)」が、「好きな家電ブランド」は山東省に拠点を構える「海尓(ハイアール)」がそれぞれ見事首位に輝いた。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事