Record China

ヘッドライン:

IMFが世界経済の見通し発表、「中国が唯一の光、日本は最悪」―中国メディア

配信日時:2016年4月13日(水) 15時40分
拡大
12日、中国メディア・幸福投資網は、IMFが発表した世界経済の見通しで、「中国が唯一の光で、日本が最悪だと評価された」と報じた。資料写真。

2016年4月12日、中国メディア・幸福投資網は、国際通貨基金(IMF)が発表した世界経済の見通しで、「中国が唯一の光で、日本が最悪だと評価された」と報じた。

IMFは2016年の世界経済の成長予測を3.4%から3.2%に、17年についても3.6%から3.5%へと下方修正した。

IMFのチーフエコノミストのモーリス・オブストフェルド氏は「世界経済は疲弊して久しい。世界の政策決定者にとっては過ちが許される余地は狭まっている」と指摘。各国の政策決定者が共通のリスクを詳しく認識し、協力して対応することで経済の復興を支えることができるとの認識を示した。

また、IMFは日本について、「(来年に予定されている)消費増税がさらに日本の経済成長を抑制する」と厳しい見方を示し、今年の日本の成長率を1%から0.5%に引き下げ、来年はマイナス0.1%になるとした。

一方、中国については内需とサービス業の成長が製造業の鈍化を補うとして、6.3%から6.5%へと引き上げた。(翻訳・編集/北田

関連記事

<1億総活躍社会>経済成長戦略の目玉「女性の登用」、雇用均等法30年でも進歩せず?―女性課長比率、「2020年3割目標」断念

男女雇用機会均等法の施行から30年。節目の今年4月に、働く女性をサポートする「女性活躍推進法」が全面施行された。安倍政権が掲げる一億総活躍社会の実現に向け、期待は大きいが課題も山積している。写真は国連難民高等弁務官などを務め、世界で活躍した緒方貞子氏。

八牧浩行
2016年4月10日 7時30分
続きを読む

アベノミクスゆえ?外国人投資家が日本から続々撤退=「日本がダメだというニュースはうれしい」「日本経済は中国人旅行者が救う」―中国ネット

18日、中国のポータルサイト・今日頭条は、アベノミクスによって日本から外国人投資家が続々と撤退しているとする記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年3月20日 7時10分
続きを読む

世界の富の半分が1%の富裕層に、深刻化する「格差拡大」=日本でも景気失速要因に、「是正策」待ったなし―「ピケティ」の提起、今こそ!

仏経済学者のトマ・ピケティ氏が著書『21世紀の資本』で提起した「世界の格差問題」が、一段と深刻化している。「ピケティブーム」はやや下火になった観もあるが、米国、欧州、日本、中国など多くの国で、今日的な課題となっている。資料写真。

八牧浩行
2016年3月15日 8時10分
続きを読む

<日銀「マイナス金利」>「預金者が損失をこうむる残酷な政策、株安招く」VS「量的緩和を補完、家計・企業・政府が利益享受」=論客2人が舌戦

日銀が1月末に導入した「マイナス金利」の影響と今後について、金融市場に詳しい加藤出・東短リサーチ社長(写真左)と、リフレ(インフレ)派の論客である若田部昌澄・早稲田大教授(写真中央)が、日本記者クラブで異なる見解を表明した。

八牧浩行
2016年3月4日 10時30分
続きを読む

ランキング