Record China

ヘッドライン:

発病後ほぼ100%が死亡!世界第2位の狂犬病大国!ワースト5に四川省など―中国

配信日時:2007年11月14日(水) 13時31分
拡大
中国衛生部は定例記者会見上で、狂犬病発病数がインドに次いで世界第2位にあることを明らかにした。四川省などがワースト5に。資料写真。
(1/4枚)

2007年11月12日、中国江蘇網が報じたところによれば、中国衛生部定例記者会見上で、中国の狂犬病発病数がインドに次いで世界第2位にあることをスポークスマンの毛群安(マオ・チュンアン)氏が明らかにした。

その他の写真

狂犬病は、中国では「乙類法定伝染病」に指定されており、発病後はほぼ100%が死亡している。また現在、全国23省、195都市の910地区で狂犬病の病例が報告されており、今年1月から10月で全国の狂犬病発病件数は2717件に上り、06年同期(2653件)と比べ2.41%悪化したと報告した。

四川省、広西チワン族自治区、貴州省、湖南省、広東省の5省での状況はとくに深刻で、狂犬病発生数は年々増加の一途をたどっており、市民に対し予防措置をとるとともに注意を呼びかけているという。(翻訳・編集/岡田)

ランキング