【募集中】韓国語社内スタッフ

昨年の「美しいポスター」はこれ!映画「黒衣の刺客」など10作品を選出―中国

配信日時:2016年1月7日(木) 16時10分
昨年の「美しいポスター」はこれ!映画「黒衣の刺客」など10作品を選出―中国
画像ID  496898
6日、昨年上映された中国語映画の中から、「美しいポスター」10作品を発表。台湾のホウ・シャオシェン監督「黒衣の刺客」などが選ばれている。
2016年1月6日、昨年上映された中国語映画の中から、「美しいポスター」10作品を発表。台湾のホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督の「黒衣の刺客」などが選ばれている。新浪が伝えた。

その他の写真

映画のテーマをよく表現し、観客やネットユーザーの心をつかみ、その構図や芸術的センスが素晴らしいと認められた10作品が発表された。映画にとってポスターは作品を象徴するだけでなく、興行収入をも左右する大きな力を持っている。昨年の公開作品で「美しいポスター」に選ばれたのは以下の通り。

ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督「黒衣の刺客」(海外版)
ハオ・ジエ監督「我的青春期」(海外版)
ジャン・ジャック・アノー監督「ウルフ・トーテム」
イー・トンシン(爾冬陞)監督「我是路人甲」
ユー・バイメイ(兪白眉)、ドン・チャオ監督「悪棍天使」
ティエン・シャオポン(田暁鵬)監督「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」
リー・ユイ(李玉)監督「万物生長」
シュー・ジェン(徐[山争])監督「ロスト・イン香港」
チェン・チョンダオ(陳正道)監督「20歳よ、もう一度」
チェン・ジエンビン(陳建斌)監督「一个勺子」  

「黒衣の刺客」はヒロインを演じた女優スー・チー(舒淇)だけを置き、非常にシンプルながらも、不穏な空気まで感じさせる。「ロスト・イン香港」のポスターは人物が登場せず、昔の壁新聞のようなデザインが目を引くものとなっている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事