台湾で話題のタレント売春騒動、アーロン・クォック「天王はたくさんいる」関与否定―台湾

配信日時:2015年11月9日(月) 12時16分
台湾で話題のタレント売春騒動、アーロン・クォック「天王はたくさんいる」関与否定―台湾
画像ID  492307
8日、台湾で吹き荒れる女性タレントの売春騒動について、香港の歌手で俳優のアーロン・クォックが関与を否定した。写真はアーロン・クォック。
2015年11月8日、台湾で吹き荒れる女性タレントの売春騒動について、香港の歌手で俳優のアーロン・クォック(郭富城)が関与を否定した。聯合報が伝えた。

その他の写真

現在、台湾で大きな話題になっているのが、女性タレントやモデルによる集団売春騒動だ。あっせんしたとされる女性の持つリストに、著名な経営者や俳優の名前もあることが明らかに。メディア各社の伝える記事には、売春した女性や関わった人物のイニシャル、特徴などが続々と登場し、「犯人探し」が連日のように行われている。

この中で、買春の顧客の1人とされたのが香港人タレントの「天王K」。歌に映画に舞台劇にとマルチな活動をし、まさに「天王」レベルの地位にあるという人物だ。これについて、「香港四天王」の1人、アーロン・クォックではないか?との疑惑が浮上した。

アーロン・クォックは7日、インタビューに答え、「天王は他にもたくさんいる」として疑惑を否定。「騒動はニュースで見たが、特に関心はない。自分はそんなに愚かな人間じゃない」と語り、全く身に覚えがないことを強調している。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<